高騰するガソリン価格

ガソリン価格は現在、毎週木曜日から水曜日の価格がフィックスされ、週ごとに発表されています。今週は中心的な油種であるRON95がリッター2.3リンギ(約62円)ですが、先週は2.38リンギでした。しかしこの水準は嘗てない高値圏にあります。


これに対して様々な声が出ています。

ひとつは2009年9月時点で打ち切られたRON92の復活です。製造メーカーはRON 95とRON92のコストの違いに付いて、明らかにはしていませんが、シンガポールで販売されているRON95に見合う油種はリッターあたり2.23シンガポールドル(6.78リンギ、約183円)で、RON92に相当する油種は2.19シンガポールドル(6.66リンギ、約180円)です。


RON92の復活に反対する声としては、環境への負荷、車メーカーがRON95を標準油種としてエンジンを作っていることなどを上げています。シンガポールの価格を見る限りでは、あまり価格に対するインパクトはないのかもしれません。


違う声としては、所得が月3,000リンギ以下の低所得層(ボトム40%の低所得グループ)に対しては補助金を支給するという案が出ています。


政府はリッター2.5リンギの状態が3ヶ月継続すれば、そこで初めて介入すると言っています。


マレーシアでは必需品のガソリン価格の高騰が今注目を集めています。ちなみにRON95という油種は日本ではハイオクになります。

メイバンクの顔認証と声認証

国内最大手のメイバンクがモバイル アプリに顔認証と声認証を取り入れるということです。


マレーシアの新聞に以下の記事が出ていました。

引用はじめ
メイバンクは、そのモバイルのアプリである“Maybank2u App”で、顔と声による認証を開始することが報じられました。2015年に導入された“Quick Touch”は指紋による認証によってアクセスを可能にしましたが、今回の”顔認証“、”声認証“を加えて、3種類の生体認証を使用するマレーシア初の銀行となります。将来、更に新たな生体認証の採用を検討しているということです。


メイバンクの責任者は次のように語っています。


「生体認証により、取引の利便性とスピードが高まる。モバイルによる銀行取引は今年の最初の10ヶ月間で95%を越えて増加している。銀行取引の利便性への需要はますます増大している。顧客がモバイルでログインする回数は、指紋認証の導入と新しいモバイル アプリが易しいことにより増加している。今年10月にはアプリへのログインは6千万回に至っていて、2017年1月に比較して倍になっている。


顧客のこの行動は、残高チェックを即座に行う切れ目のないサービスが評判がいいと我々は受け止めている。


顔認証や声認証を使うためには、モバイルの機械は2.0メガピクセルの画像処理とマイクが組み込まれていることが必要です。指紋をスキャンできない機械の保有者や、一時的に指紋が読めない場合などには、新しい機能はメリットがあるでしょう。セキュリティが確保されつつ、差別的な機能を提供することを願っています。」


2017年末には20億件を超えるモバイルによる”Maybank2u”による取引が行われ、220億リンギの金額が取引されると予想されています。2017年10月時点で対前年比の成長率は95%に達しています。
引用終わり

メイバンクのネットバンクは使用していますが、PCでもスマホでも、海外にいても使えることから、使い易いと感じています。アプリはインすとルールしていないので、その利便性を語ることはできませんが、指紋認証にくわえて、顔認証、声認証が加わるということは、利便性が高まるのは確かだと思います。

イポーの日本クラブ

先日、たまたまゴルフコースを一緒に回った中華系のYさんと本日のゴルフ終了後ロビーで一緒になり、ソファで談笑していたところ、彼のお子さんが“プラ州マレーシア-ジャパン フレンドシップ ソサエティ(PMJFS)”で折り紙の講習を受けていて、創造性の発達に役立っているという話になり、そこの会員にならないかと誘われ、あまり気乗りはしませんでしたが、「どんなところか見るだけならいって見ましょうか。」ということになって、彼の車に先導してもらって、PMJFSのある建物に行ってみました。


道はすいていて、ゴルフ場から5分ぐらいのところにある、ショップロットの1F(日本風にいえば2F)にその会はあり、そこの窓口で日本語も少ししゃべれる中華系の担当者に会いました。


彼によると、「この会は“プラ州 日本クラブ イポー”の傘下にあり、日本クラブで申し込みをしてください。当会は、折り紙をはじめ、日本文化の伝授を目的に活動していて、様々な活動を行っており、日本語を教える人材を探しているところです。今週の日曜日26日に家族会を開催することになっています。」とのこと。「日本語の読み書きができるということと、教えることは全く異なるので、教えることはできません。日本クラブのほうに詳細を聞きに行って見ます。」と教えることはお断りしておきました。


プラ州の日本クラブ(キンタシティーのイーオンの2Fにその事務所はあるようです)の活動はどのようなことをしているのか不明ですが、おそらく企業の駐在員の情報交換の場となっていると推測されます。引退者には場違いのような感じがしています。わざわざ行ってみるまでもないという印象でした。

シニアの健康維持

マレーシアの新聞にAFPを引用したシニアの健康維持に関する記事が出ていました。


引用はじめ
多くの国では、シニアが社会の輪の中や地元のコミュニティーで、そのスキルや才能を可能な限り生かすのを支援しています。以下、その例示を紹介します。

・積極性を維持しよう

以前発表されたミシガン大学の調査では、年齢を重ねるに従い夫婦の年をとっていく考え方に互いに影響されあっていくことが分かりました。

ある例では、互いにネガティブに年をとっていくことを捉えがちな夫婦は、ポジティブに捕らえる夫婦よりも健康ではなく、活動的ではなく、ネガティブに捉える夫婦ほどヘルスケアに注意を払わないことが分かりました。


他の例では、年を重ねることをポジティブに捉える、あらゆる年齢層の人は年齢差別の経験があまりないということが分かり、これは国連が年齢差別をなくす努力をし、社会に於ける更に活動的な役割を促進していることから、重要な発見となっています。



・たんぱく質を摂取しよう

最近の多くの調査では、虚弱、転倒、運動障害などの健康合併症のリスクを増大させる、筋肉の減退を押さえて、活動性と積極性を維持するには、年を重ねるにつれ、十分なたんぱく質を摂取することが重要だということに焦点が当てられています。


先月、“米国臨床栄養ジャーナル”で発表されたカナダの調査では、たんぱく質を1日3食に均等に分けた食事はすごくいい効果があり、2016年の米国の調査では、赤身の肉、卵、酪農製品などよりもナッツ、鶏、魚などの希薄なたんぱく質を摂った方が死のリスクの減少を助け、健康にはいいことを発見しました。


・運動を続けよう

タフツ大学の最近の研究では、“もし健康的な老年の魔法の丸薬があるとするならば、それは運動だ”と示唆しています。老人が運動すればするほど、体の機能はよくなり、1週間少なくとも48分運動すると、大きな改善と機能不全の大きな減少が期待できます。


様々な調査では、運動に参加して、健康的な精神と肉体に対するいい効果が生まれ、アルツハイマー病を含む認知症のリスクを減らしていることを示しています。


・いい睡眠

年をとるに従い、多くの人が睡眠障害があり、それは認知症、心臓病、脳卒中、うつ病、不安神経症のリスクの増大を含む他の健康分野へのマイナスの効果がああります。最近の調査では、心配なことに、殆ど半数の老いた米国人は夜眠れず、3分の1以上は薬に頼るということです。しかし、多くの人は医者にかからず、研究者が言うには、薬よりも医者にかかるのが第一段階であるべきです。


灯りを小さくし、体に睡眠の準備をさせ、毎日同じ時間に起き、ちょっと運動し自然の中に出かけていくことが、睡眠を促進する薬を使わない方法の一つです。
引用終わり


積極性、運動、いい睡眠がシニアの健康のためのキーワードのようです。若いうちは他でカバーされていたものが、カバーできなくなってきているということでしょうか。


床屋

日曜日は朝、ゴルフ場にあるジムに行って、汗を流しながら、ジムの下にあるプールを見ると、子供たちで結構混んでいました。ジムを終わり、昼食の時間までまだ時間があったので、床屋に行って時間をつぶすことにしました。


マレーシアは新陳代謝がよくなるせいか、髪や爪が伸びるのが早いようです。ゴルフ場近くのショップロットの一角にある、床屋に行って見ました。面白いことにテスコなどのモールの中にも床屋はあるのですが、モールの中の床屋は大体中華系の若者がカットしている場合が多く、街中の床屋はインド系の年配者がカットしている場合が多いように感じます。自営業者はインド系の年配者、雇われは中華系の若者という感じでしょうか。


料金はカットのみで9リンギ(250円弱)というところでしょうか。


KLではモールの中の床屋ばかり行っていました。モールの地下にある床屋では、10年前に来たころは12リンギだったのが、今は16リンギ以上に値段が上がっています。同じモールでも場所によってはもっと安いところもあり、以前あったカルフール(今はイーオンビック)では10年前8リンギだったのが、イーオンビッグになってからは値上がりして今は12リンギになっていました。(これは今年の4月の時点の話です。)KLでもモールの中の床屋でカットしているのは中華系の若者でした。


日本でも、安いカットだけの床屋の値段は1,000円というのがありますが、それよりもマレーシアのインド人のほうが丁寧で技術も上だと感じられます。