コンドの契約延長問題

借りているコンドのオーナーから連絡あり、冷蔵庫のパーティションの一部がないと先日報告しておいた件について、見に来るとのこと。報告したのはかなり前の話で、不自由しながらも、マレーシアのことだから対応してくれないと、半ばあきらめて、こちらもそれなりに冷蔵庫を使っていました。


見に来て、パーティションを購入してくれるならば、ありがたい話なので、約束時間に待っていたところ、ほぼ約束時間にやってきました。オーナーは冷蔵庫の中を見て、ない部品を確認し、メーカーに問い合わせて、部品を取り寄せるとのこと。部品が揃うのがいつになるか分からないけれども、対応してくれるだけ、ありがたい話です。


ところで、とオーナーが切り出してきたのは「レンタル契約では、契約期間は1年で、期間満了後、10%値上げ条項が付いているが、現状の家賃でOKだから、延長する場合はエージェントを通さず、通知だけ2ヶ月前に私にしてください。契約通りにやると、契約を新たに結びなおすことになり、借りるほうも弁護士費用がかかり、オーナー側もエージェントへの支払い義務が発生する。双方がハッピーなのは、契約を結びなおさず、当事者間の了解だけで延長することです。」ということでした。


これが言いたいために、オーナーはやってきたのかと納得。確かに弁護士事務所もエージェントも彼らを度外視して、当事者間だけで延長した場合、彼らの介入の余地がなくなり、金にならないことになります。弁護士とエージェントはそのようなことにならないように、10%条項をつけていたのだと、今になって気付きました。(自分の頭の悪さに今更ながら、気がつきました。)


考えられるリスクとしては、契約を度外視することになるので、既に差し入れた保証金(家賃2か月分)とユーティリティ ファンドの払い戻しのバックアップがなくなることです。


しかし、引越し費用や住所変更手続きなど、引越しに伴い発生する煩雑さを考えれば、オーナーの提案に乗っても良いかなという判断もありだという気もします。


契約をリファーし、「10%の値上げ条項を除いて、契約を延長する」旨を通知してやれば、リスクは殆どなくなるとも考えられます。延長通知期間まで、まだ日にちがあるので、ゆっくりと判断したいと考えています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。