風邪への対処

風邪の対処法に付いて新聞に記事が出ていました。


引用はじめ
風邪には本当の治療法というものはありません。一番いい方法は毛布に包まって、チキンスープを作り、回復を待つことです。そうは言っても、個別に対症療法を取れば楽になることも事実です。


以下は風邪の代表的な4つの症状に対するアドバイスです。


鼻ズマリ
鼻ズマリ スプレーで症状が楽になります。これは耳にも有効です。ただし長期に渡り使い続けると効果がなくなっていきます。血圧に影響があるので、心臓病の人は使用に注意が必要です。高張食塩水も鼻ズマリに有効です。


のどの痛み
軽いのどの痛みには、ロゼンジやスプレーでのどの表面を一時的に麻痺させて、対応できます。しかし、痛みが強い場合には、イブプロフェンかパラセタモールを含有した痛み止めが推奨されています。都度使うのではなく、ずっと使い続けたほうが効果的です。ロゼンジも湿り気をのどに与えるので、併用することができます。医者は塩水(グラスにティースプン1ぱいの塩を溶かしたもの)でのうがいも勧めています。



風邪に伴う咳は薬を使用しないでも、通常2,3週間で消えます。しかし、ミルトール、アイビー、タイム、桜草の根の抽出物が効くという話もあります。しかし、患者が夜眠れないときにのみ、鎮咳剤を使用すべきだと医者は言います。



風邪による熱には、パラセタモールとイブプロフェンを含有する売薬があります。しかし、微熱やあまり高くない熱には薬は不要です。
引用終わり


日本のように“総合感冒剤”と言われるようなものはマレーシアで見たことはありませんが、安価なパナドールを飲んでおけば、大体対処できるのではないでしょうか。医者に行っても、パナドールを処方されるだけだといおう話も聞きます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。