2018年のマレーシアの祝日

2018年はマレーシアのカレンダーによると、有給休暇をうまく使うと長期休暇を楽しめるという記事が出ています。原文は下記URLを参照してください。原文には表も載っているので、原文の方がイメージが掴み安いと思います。
https://www.thestar.com.my/news/nation/2017/12/28/many-long-weekends-in-2018/#qW7RrX7xUUdvhSgP.99


引用はじめ
2018年はいくつかの長期休暇が予想されるので、週末の計画をカレンダーで立ててみてください。


5回の公式の週末をはさんだ長期の休日があります。
新年:1月1日(月)
中国正月:2月16日(金)
ハリラヤ プアサ:6月15日(金)
独立記念日:8月31日(金)
マレーシア デー:9月16日(日)
これらの祝日は金曜日か日曜日または月曜日に当たります。


ただし、新年の祝日はジョホール州、クダ州、クランタン州、プリリス州、トレンガヌ州には適用されません。


さらに、
メーデー:5月1日(火)
ウェサック デー:5月29日(火)
アワル ムハラム:9月11日(火)
ディーパバリ:11月6日(火)
マホメット誕生日:11月20日(火)
クリスマス:12月25日(火)
に絡んで、有給休暇を取れば合計11回の長期休暇になります。これらの祝日は火曜日になるので、祝日の前の月曜日を休めば、長期の休みが取れます。


2017年は、4月25日の第15代国王の就任、9月4日のアセアン大会記念などの特別の祝日を含め、10回の公式な長期休暇がありました。今年は2月9日(木)のタイプーサムと8月31日(木)の独立記念日に金曜日を休むと、12回の長期休暇となっていました。
引用終わり


州の休日もあるので、実際の休日の数はもっと多くなります。


しかし、休日の日数は日本の方が多いかもしれません。日本人がおそらく最も重視する祝日であると思われる新年を、祝日としていない州があるというのも、所変わればということですね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。