GSTが6月1日からゼロレートに

財務省がGSTに関し、6月1日からGSTのレートをゼロにするという発表を行いましたので紹介します。記事の原文は下記URLを参照してください。
https://www.thestar.com.my/news/nation/2018/05/16/gst-zero-rated-from-june-1/


引用はじめ


GSTの税率を2018年6月1日からゼロとするという発表を財務省が行いました。財務省は声明で、次のように発表しました。


「現在の6%の税率を0%へ引き下げることは、今後さらなる通知があるまで全国的に実施される。2014年に出された物品およびサービス税の例外としてリスト化された物品およびサービスに関しては、今回の決定は含まれない。従って、全ての登録された業者はゼロレートの決定に従わなければならない。同時に、登録業者はそれまでは依然として現在の定めに従わなければならない。」


引用終わり


数日前に同じ内容の文書が出回りましたが、そのときはフェークニュースだとして、財務省は否定していました。フライイングだったということになるのでしょうか。


GSTをゼロレートにするということと、GSTを廃止することの違いは、前者の場合はGST制度そのものは依然として存在するが、料率をゼロにするということであり、GST制度そのものは依然として残ることを意味しています。


法律を変更することなく、料率だけを変更すれば、GSTの負担はすぐに再開されるということになります。このことは要注意ですね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。