車の点検費用


5ヶ月間ほって置いた車を点検整備に出しました。事前に予約しておいたので、整備してもらっている間、ロビーで待っていましたが、スムースに流れて、予定時間よりも早く終了しました。


イポーのトヨタはKLにいたときに行っていたPJ(セランゴール州)のそれよりも、規模が大きいようです。イポーの中心部からUMW TOYOTAに向かうクアラカンサー通りには、トヨタに加え、ベンツ、フォルクスワーゲン、日産、ホンダ、レクサスなどのディーラーが軒を連ね、さながら自動車ディーラー通りの感があります。


前回の整備は2017年8月16日だったので、1年3ヶ月ぶりの点検になります。前回の走行距離は89,211km、今回の点検時点の走行距離は94,459km。1年3ヶ月間にたった5,248kmしか走行していませんでした。なにぶん、この間マレーシアにいたのは合計で9ヶ月弱で、月平均の走行距離は350km、1日あたり10km強しか走っていないことになります。


日常の行き先はゴルフ場と食事、買出しぐらいで、住まいのコンドから殆どが至近距離にあるため、車の走行距離が少ないのも、当然の結果です。


他の場所に行けば感動的な場面に遭遇するかもしれないという期待はとうになくなっています。近くで、よく知っているところのほうが安心だという防御の姿勢になってきているようです。どこに行っても変わり映えがしないし、食事も何を食わされるか分かったものではない、という不信感が根底にあるようです。


さて、点検整備の中身ですが、前年は各項目のチェックを一通りやってもらい、重大な部品の交換などはなく、主にオイル交換に伴う費用とチェック費用で、税込みで総額278.55リンギでした。


今回は通常の点検とオイル交換に加え、燃料ノズルの清掃、エンジン内部の清掃を追加でやってもらい、自動トランスミッション オイルも交換してもらったので、点検整備費としては税込みで652.7リンギでした。更に前のタイヤの側面に少し傷があり、“ノー グット”と言われてしまったので、前輪のタイヤを2本交換し、タイヤのローテーションもやってもらいました。タイヤ2本のアラインメントとローテーション費用が504.45リンギで総額は1,157.15リンギでした。タイヤは安全に直結するので、安心安全であることが何にもまして優先されます。


この車は2009年12月に新車で登録したもので、いよいよ10年目に入りますが、乗っている感覚としては、サスペンションもしっかりしており、全くへたったところがありません。車の耐久性がどんどんよくなっているのを感じます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。