マレーシアで始めて使ってみたネット ショッピング

LAZADAというネットショッピングの会社をご存知でしょうか?東南アジアのマレーシア、インドネシア、フィリッピン、シンガポール、タイ、ベトナムで活動している通信販売会社でウエブサイトはhttps://www.lazada.com.my/になります。


念のため、これは宣伝を目的としたものではなく、あくまでも体験談で、口コミ情報と思っていただけたらと思います。


取り扱い品目は多岐にわたっていて、ちょうどAMAZONのような存在です。一方ではメルカリのようなディスカウント された入場券なども販売されていて、ときどきこのサイトを覗いてみると、思わぬ掘り出し物があったりします。


このたび、このLAZADAをトライアルで使ってみました。注文したい商品を決定して“カイモノカゴ”に入れるところはAMAZONと同じです。


支払い方法はインターネットバンキングやクレジットカードなどが選択でき、クレジットカードを選択すると、クレジットカード会社からSMSで送られてくるOTP(ワン タイム パスワード)を入力し、カード会社が承認すれば、支払いが完了します。インターネットバンキングを選択すれば、他のインターネット バンク取引と同じ要領で決済が完了します。


これで注文手続きは完了です。手続きが完了すると、LAZADAから受注確認のメールが間髪をおかずに入り、予想デリバリー日の連絡も一緒にきます。その後、その3日後に実際に運送する会社名と予想デリバリー日の連絡が来ます。


実際に予想配送日に品物が届くかどうかが問題です。予想デリバリー日は3日の幅がありましたが、予想デリバリー日の2日目にまたメールが入り、実際の配送状況がトレースできるようになり、実際に配送を担当する氏名の連絡まで通知がありました。その日に携帯にその運転手から直接連絡が入り、コンドの警備員室に荷物を預けたとのことでした。
注文してから、荷物を入手するまで4日かかったことになります。荷物をガードハウスが受け取ってくれるのも、配達時間を気にすることなく行動できるので、グットです。


日本で注文するAMAZONだと、翌日には配達され、プライム会員になれば、場合によっては注文当日煮配達される場合もありますが、それに比べれば遜色があるのは否めませんが、頻繁に輸送状況の連絡を入れてもらえることなどから、今後も使えると考えています。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。