来年からガソリン価格が変動性に戻る?

DAP所属のグアン エン財務相はRON95のガソリン価格に付いて、来年1月1日から週ベースで価格を変更する方式に戻ることになるだろうと発表しました。これで原油の世界価格の下落を敏速に小売価格に反映できることになるとしています。


新政権になってから、ガソリン価格は従来の週単位での変動価格制を廃止し、一定価格が継続していて、最近の原油価格の下落が小売価格に反映されていませんでしたが、変動価格に戻ることになりそうです。


しかし、財務相がガソリン価格の決定権をもっているのか、明らかではありません。伝え聞くところによると、内閣内の不協和音が目立ってきており、政権与党を構成するPHの各政党(DAP,PKR、国民信任等党)間での引き抜き合戦が盛んに行われているようです。UMNOの復活はありえないと思いますが、多数を獲得した政党がヘゲモニーを取ろうと画策が続いているようです。


政治的な安定はまだまだのようです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。