国王決定のスルタン会議は何時?

次のマレーシア国王を決定する日にちを決めるためのスルタン会議が1月31日に実施されるというニュース記事を紹介します。記事原文は下記URLを参照してください。
https://www.thestar.com.my/news/nation/2019/01/07/rulers-to-meet-jan-24-to-choose-new-king-oath-taking-on-jan-31/#V2zqFQ5ZWsQSs17h.99


Quote
1月7日の特別会議で、1月31日に、国王を決定する会議の日にちを決定するための会議を実施することが決められた、という発表がスルタンの印章の保管者からありました。


1月7日の会議に出席したのはトレンガヌ州、ペルリス州、ネグリ スンビラン州、ジョホール州、プラ州、クダ州の6人の各スルタンでした。


パハン州のスルタンは体調不良で、スランゴール州スルタンは海外に出ており、それぞれ欠席ということでした。
Unquote


尚、スルタン会議のメンバーはマレーシアの9つの州のスルタンから構成されており、それは、ネグリ スンビラン、スランゴール、ペルリス、トレンガヌ、クダー、クランタン、パハン、ジョホール、プラの各州のスルタンです。なお、東マレーシア(サバ州、サラワク州)、マラッカ州、ペナン州にはスルタンはいません。


過去15代の国王の出身州は上に挙げた州の順番で推移していて、これを当てはめると、今までの国王がクランタン州の出身だったので、大胆に予想すると次の国王はパハン州のスルタンということになるのでしょうか。


国王の選出は、互選とはいえ、しこりが残りそうなので、暗黙のルールがありそうです。


マレーシアは言うまでもなく、立憲君主制ですが、国王の権限は殆どなく、首相または内閣の助言に基づいて、儀礼的な役割しか与えられていないと言ってもいいと思います。


スルタンの印章の保管者とは日本でいえば、宮内庁長官といったところです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。