紅茶にもダイエット効果がある

緑茶も紅茶もダイエットには効果があるが、そのメカニズムは異なっているという話です。


両方とも肥満に関係する腸内のバクテリアを減少させ、やせることに関係するバクテリアは増加することが動物実験で分かりました。


しかし、紅茶の抽出物を与えられたねずみだけがサドブティリビブリオと呼ばれるバクテリアを増加させていて、そのことで緑茶と紅茶のエネルギー代謝を如何に変化させるについての違いを説明することができます。


緑茶の分子は紅茶の分子よりも小さいので、緑茶の分子は体内に吸収され、肝臓に届いて代謝を直接変化させます。紅茶の分子は大きく、吸収されるには大きすぎるため、腸内に留まり、エネルギー代謝を整える有益なバクテリアの成長を促進します。


緑茶のポリフェノールは、紅茶のポリフェノールよりも効果があり健康にもいいことが知られていましたが、それは緑茶の分子が血液や組織に吸収されるからでした。新しい発見では、紅茶も人間の健康と体重減に貢献する可能性があることが分かりました。


紅茶も緑茶も抗酸化効果を越えて腸内細菌に強力な影響を与えており、両方とも健康上有益だということを示しています。紅茶好きの人は、飲み続けるいい理由ができました。


健康に対する効果に関しては、今まで劣勢だった紅茶ですが、その効果が確認されたということになるでしょうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。