減量のための提案

減量して体型を維持するには運動が重要ですが、米国のバイラー医科大学の助教授のアービン スラパス博士は以下のような提案をしています。


”運動できるときがいつであっても時間帯に係わらず、運動することが大事です。朝でも日中でも夜でもかまいません。1週間で最低150分の運動を推奨しています。1週間30分の運動を5日、あるいは1週間1時間の運動を3日でもかまいません。目標達成のために次のような提案をします。



・会社でも、電車でもエレベーターを使わずに階段を歩きましょう。
・車に乗ったときは目的地から離れた場所に駐車して歩く機会を作りましょう。
・可能ならば仕事場まで歩くか自転車を使いましょう。そうすれば体調の変化を感じる ことができます。
・昼休みには町の中を15分から20分散歩して、運動の機会を作りましょう。
・大きな水筒や魔法瓶の代わりに、小さなマグカップやグラスを使うことで、飲み物を補填するのに机から離れることを強いられることになります。


机に向かっているときには、立ってスカットをすることで、足の運動をします。1時間や2時間おきに机を離れて、2,3分社内を歩き回ることも有効です。可能ならばイスから立ち上がって座ることが仕事場でアクティブになる選択肢の一つになります。


運動とともに、栄養を摂取する食事は健康のための重要な役割を担います。量を少なくし食事の回数を多くして健康的なおやつ、例えばヨーグルト、果物、ピーナッツを食べることは、空腹を満たし減量を改善できます。


運動するときには水分補給を十分にすることが重要です。水分補給は怪我を防止し、すぐに疲れてしまうことを避けることができ、倒れてしまうことへの防止策になります。”


要するに体を動かす時間をなるべく多く作ることと、食事の量を少なくし、回数を増やすことで減量が達成できるという主張のようです。こんなに簡単な方法だけで減量が達成できるとは信じられない気もしますが、体を動かす機会を多く作ることで、多少は減量効果が得られるのかもしれません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。