イポーが観光客ブーム

イポーへの観光客増加に関する記事が、以下のURLに出ていましたので、要約してご紹介します。
https://www.thestar.com.my/metro/metro-news/2018/01/03/shorthanded-because-of-high-demand-it-is-a-case-of-nopainnogain-for-businesses-in-ipoh-raking-in-tou/


引用はじめ
今年は間違いなく、イポーの観光業界にとって、いい時期が続きます。


特に休暇シーズンには市内に入るのに列を成す車は、去年の初め以来の市の観光ブームのボリュームを物語っています。週末にはいつも、イポーのオールドタウンとニュータウン地域は多くの料理を手っ取り早く味わおうとする観光客で溢れました。年末は、前年よりも、多くの著名なレストランや菓子店は大賑わいでしたが、店の店主は、人手不足でにぎわう観光客に対応できませんでした。


店の人の声を拾ってみると、
「年末のスクールホリディーのスタートから、非常に好調です。前年よりも人出が多く、我々のメニューを試しにどんどん人がやってきます。”2017年プラ州訪問イヤー”とは別にSNSで、”イポーに行くならこの店”という声が拡散したのが大きな役割を果たしていると思います。


しかし、人手が足りず、極度に忙しいです。若い人はこのようなコーヒーショップで働くことに興味を持っていないと思われ、追加の人手を獲得するのは難しいです。外国人労働者を申請しても、人をよこしてくれる保証はありません。このような店に来ることに関心がある学生アルバイトを使ってきましたが、少しは役に立っています。事態が好転しない場合は、家族に手伝ってもらうしかありません。多くの人にイポーは食べ物天国だといわれて以来、観光客が増えて、イポーはうまくいっています。もっと多くの人がイポーの著名な食べ物を知ることができ、地元経済を押し上げることにもなります。」


オールドタウンの一角にあるコンキューバイン レーンのアイスボール販売を営む店主は語っています。「今年もここに、多くの観光客が押し寄せています。この歴史ある地域を再整備してから、観光旅行で郷愁を求める観光客が来る様になっています。この人気があるアイスボールを作るよりもオーダーの数が多いので、待つ人の列が長くなるばかりです。


イポーは間違いなく観光客のブームです。イポーに人が押し寄せているというのは、観光地としてのイポーの評判にはいいことです。ここには、観光客にとって、おいしい食べ物があり、いい景色があり、多くの興味深い文化遺産があります。それだけではなく、私が売っているアイスボールを昔の人が見れば、昔を思い出します。数十年前には子供には人気の菓子でした。今の子供は知らないかもしれませんが、ここに連れて来てもらったおじさんやおばさんから何か新しいことを学べるでしょう。」


ビスケット店では次のように言っています。「観光地としてのイポーのブームで、年末の休暇での売り上げは約20%延びました。イポーには観光地としてマラッカやペナンと同じ土台があり、観光ブームで地元経済は必ず上向く。また中国やシンガポールからなどの外国人観光客がいつもより増えています。先日以来、平均10台の観光バスがオールドタウン地域に来ているのを見ています。


急激な観光客の増加で、他の著名な屋台と同様に、人手不足という同じ問題に直面しています。時々、客がいつもより長時間待つため、対応する従業員に眉をひそめ、文句を言う場面もあります。休暇期間中はアルバイトの学生を雇っていますが、改善の必要があります。今後改善すべき課題です。」
引用終わり


以上上げた以外の店でも同じような声のようです。


実際に事業をしている人にとっては、売り上げが上がり、結構なことですが、生活している人にとっては、車が増えたり、店やゴルフ場が混んだりするのは歓迎できません。


しかし、店に客が増えて事業が継続可能になり、店を閉鎖しなくて済むというのは歓迎すべきことですが。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。