KLとイポー

KLとイポーを比較すると概略こんなところです。(ウィキぺディアなどから抜粋した情報も含みます。)

人口はKL市内だけだと180万人、KL都市圏(大KL)で考えると720万人であるのに対して、イポーは76万人弱で、大体10分の一の規模です。


イポーの人種別構成を見ると、中華系が70%、マレー系17%、インド系12.5%その他0.5%で、中華系がマレーシアの他の地域と比較して高い比率となっており、マレー系の比率が低いのが特徴です。インド系も街でよく見かけます。しかし、公務員は殆どマレー系であることはマレーシアの他の地域と同じです。


マレー系が少なくて、中華系、インド系がこの地域に多いのは、これらの民族は外国人労働者の末裔として、住み着いているからです。20世紀の中ごろまで、この地域にはスズの鉱山があり、スズの採掘のため、中華系などの外国人労働者が投入されてきました。しかし、スズの金属としての価値が下がり、スズ鉱山が次々と閉鎖され、イポーの町から人口がどんどん流失していきました。特に弱年層の流出は顕著でイポーは死んだ町とも言われたそうです。


引退者にとっては人も車も少なく、住みやすい町となっています。駐車するにも、KLでは駐車スペースを確保するのは至難の業ですが、イポーでは、少し歩くことを容認すれば、駐車スペースはまず確保できます。


1時間駐車できるクーポン(クーポンには1時間券、30分券、1日券の3種類ありますが、1日券しか置いていないところが多いように思われました。)を購入して、出る時間を削り取って出しておかないと、すぐ駐車違反の切符を切られます。従って、無駄に駐車しない人が多いので、車の回転は比較的速く、そのこともあって、駐車スペースに余裕ができるのではないでしょうか。


買い物については、欧米の一流ブランド店は見かけませんが、通常の買い物には不自由はないと思います。野菜、果物、魚介類、肉類はUTCの建物の中にもマーケットがあり、そこで買えますし、イーオン、イーオンビッグ、テスコなどのスーパーマーケットもあり、また100円ショップそのものはありませんが2リンギショップと称する激安の販売店もあり、DIYの店もあり、買い物には不便は感じません。PCやスマホなどのエレクトロニクス製品の販売店はイポー市内に固まって何ヶ所かあり、購入には不自由しませんが、修理などをこなす人は少ないように見受けられ、KLのローヤット プラザのように高度な修理は期待できないかも知れません。


レストランについては中華が中心になりますが、飲茶専門店、ホーカー、チキンライス専門店など多彩で、KLからわざわざレストランに来ることを目的としてくる人がいるほど充実しています。


最も肝心なゴルフ場についてはロイヤル ぺラッ ゴルフ クラブ(RPGC)、メルバレー、市内からちょっとはなれてクリヤ ウォーター サンクチュアリーの3コースあり、ゴルフ環境として全く問題ありません。RPGCとメルバレーはメンバーになってプレーしないとビジター料金が高額です。クリヤ ウォーターはコース自体は嘗てのスズ鉱山の跡地に水が溜まった地形を利用して作られたゴルフ場で、コース自体は悪くはなく、料金も安いのですが、メンテがいまひとつという評判です。


総じて言えば、イポーは静かに落ち着いて暮らせる町であるとは言えるでしょう。ここの生活を経験してしまうと、私はKLに戻りたいとは思いません。唯一の欠点は空港から遠いことですが、この一点を除いてはイポーでの生活に軍配を上げます。KLとイポーとのいい点悪い点を比較して、それぞれ何を目的にして住むのかを考えればいいと思いますが、この短い文がその一助になれば幸甚です。


次回はイポーについて、もう少し具体的に書いてみたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。