駐車クーポン

先日、思ってもいない体験をしました。イポーでは駐車クーポン制度を採用していて、路上その他の定められた場所に駐車するためには、予めクーポンを購入する必要があります。30分券、1時間券、1日券の3種類あり、それぞれ30セン、60セン、4リンギです。


その日は11時過ぎに18ホールのゴルフが終わり、たまにしか行かないゴルフ場近くのショップロットの一角にある、ナシカンダールにブランチのため、行きました。駐車場はショップロット前に楽々駐車できます。KLだったらその時間帯であっても、駐車場探しにぐるぐる回らなければならないところですが、イポーは本当に楽です。駐車クーポンに時間を入れ、店に入りました。


ご飯にカレーソースをミックスして自分でかけ、鶏の揚げたものを選んで、包丁で切ってもらい、野菜を載せて、それで4.5リンギです、アイスコーヒーが1.4リンギで締めて5.9リンギのブランチでした。


支払いを済ませ、車に戻ると、駐車違反のキップがウインカーに挟まっています。クーポンに表示した(削り取った)日にち、時間が間違っていたのか確認しましたが、間違いはありません。違反理由が分かりません。そこでクレームのため、UTC(ワンストップでいろいろなことが処理できる複合ビル)の中にある、イポー市役所の窓口に行きました。「違反の理由が分からないので、教えて欲しい。」と言うと、「クレームはここでは扱っていないので、本庁の2階にある法務部に行け。」との指示。場所を尋ねると、写真を取り出し、「ここだ。」と返され、見るといつも見慣れているビルの写真でした。「ああ、あれが本庁なのか」と納得し、言われたとおり本庁に向かいました。イポーでの移動は本当に楽で、本庁前の駐車場のスペースも十分ありました。


長くなるので続きは明日に。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。