食材マーケット イン イポー

イポーで食材を如何に調達するかは暮らしに重要なテーマです。


食材の主な調達先はマーケットとスーパーマーケットになります。


そのうち、今回はマーケットについて書いてみます。


食材の多くはウエットマーケットと呼ばれる早朝から始まる市場で調達されます。


イポーの主なウエットマーケットは次のようなところになるのではないでしょうか。
・Bunton Wet Market
   場所:Jalan Gunton (中心部から約5km)
   イポー駅の反対側にあるマーケット。

・ Morning Wet Market
    場所:Jalan Lee Ming Hin (中心部から約8km)
   60年以上の歴史をもつマーケット。老朽化が目立つ。


・ Pasir Puteh Wet Market
    場所:Taman Hoover (中心部から約4km)
    周囲にホーカーが多く、買い物だけでなく、食べる楽しみも。


・ Gunung Rapat Market
    場所:Jalan Rapat (中心部から約6km)
    野菜、果物が多いが、一部に鶏、魚類も扱う。


・ UTC
    場所:中心部
    UTCビルのGFと1階に野菜果物と、肉類、魚類がそれぞれ分かれている。



これらのマーケットは早朝から始まり、午前中には一部の乾物を除き終了してしまいます。

スーパーマーケットに比べ価格は安いのではないでしょうか。ただ、独特のにおいに慣れなければなりません。


食材のマーケットとは別に、日曜日だけ路上で開催されるマーケット(Jalan HorleyのMemory Lane Morning Market)では、衣料品、おもちゃのほか、骨董品、雑貨などが販売されます。日本のお祭りの縁日のような雰囲気です。


次回はイポーの主なスーパーマーケットについて書いてみたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。