ヘリコプターの予約アプリ

ヘリコプターをタクシーとして使えるアプリが3ヶ月以内に登場するという記事を国営通信ベルナマが報じています。記事の原文は下記のURLを参照してください。
http://www.bernama.com/bernama/v8/ge/newsgeneral.php?id=1437098


引用はじめ


あと3ヶ月で、スマホのユーザー向けに“Heli Taxi”というアプリが登場し、目的地までヘリコプターで行ける様になります。


現在、Heli Outpost Sdn Bhd がアプリを開発中で、タクシーを呼ぶように指先でヘリコプターを予約できるようになるということです。29歳の同社社長はランカウイの出身ですが、彼が中心として進めているアプリのコンセプトは“リアルタイムでの場所の追跡”と、顧客による支払いの簡便性であり、マニュアルからデジタルへ予約方法を変えることです。


同氏は、ランカウイ開発局(LADA)駐車場で、、マレーシア マレー商工会議所(MCCM)主催の“私は起業家になるぞ 4.0 カーニバル”で、ナジブ首相がアプリを紹介した後に、次のように語っています。


「アプリは2つのサービスで構成されています。一つは現存のパッケージを使って、ランカウイの周辺をヘリコプターで観光するサービスで、もう一つは、例えば、アロースターからイポーまでヘリコプターで飛ぶというように、ヘリコプター搭乗を予約できる、ヘリコプター タクシーです。


提供できるヘリコプターは現在11台あり、6機はロビンソン44モデル(R44)でパイロットを含め4人乗れます。あと5機はロビンソン66モデル(R66)で5人乗りです。ランカウイ島、クアラ トレンガヌ、ペナン、KL、ポートディクソンに駐機しています。ランカウイ島には3機が駐機しており、運用免許を持つチエンパカ ヘリコプター社が運営しています。2009年に商業、観光サービスが始められてから、反応はよく、最初の3年で、毎年5,000人を運びました。年々利用者数は増えており、昨年には今までの最高である18,000人の利用客があり、平均1日20便を飛ばしました。中東からの観光客が最も多かったです。」
引用終わり


ヘリコプターをスマホで予約して、タクシーのように使える時代が来るようです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。