自動車保険

12月に更改を迎える自動車保険ですが、その更改の案内が保険会社から来ました。


前回との違いは車両価格の見積もりが下がっていること(年数経過によるダウンで、車ごとに経過年数にしたがって定められています。)、年齢による割り増し(確か60歳以上は基本保険料の25%増し)がなくなっていること、更に前年までなかった割引(割引理由は不明)とGSTが加算されていることです。無事故割引は基本保険料と割引額を差し引いた金額を対象にしています。


GSTが前年まで加算されていなかったのは、GST制度の不備、徹底不足のためと考えられます。ちなみに日本の消費税は保険料は消費税対象からはずされています。


以前車を購入したディーラーに保険更改の手続きをやってもらっていましたが、保険料払い込み後1週間以内に道路税の払い込みをしないと、保険払い込みデータが抹消されてしまうということを知らなかったため、1週間経過後に、道路税を支払おうとしたところ、保険更改データがJPJになく、そのため道路税の支払いができず、その原因究明にかなりの時間を取られたということがありました。


その際にディーラー-も、保険データーが1週間後に消滅するという制度自体を知らず、ディーラーとのトラブルになり、それ以来保険の更改は自分で直接保険会社に対してやるようにしました。ディーラーに払う手数料も不要になり、その分保険料も安くなっています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。