マレーシア人のID番号

Gibb & co という法律事務所をたまたま訪問する機会があり、そこで聞いた話をご紹介します。この法律事務所は1892年設立の、マレーシアで最も古い法律事務所だということで、国内に3ヶ所事務所があるようです。公証人も兼ねていて、本人の認証も発行してくれます。


ここで聞いた話のうち、ご紹介したいのは、マレーシア人のID番号に付いてです。
マレーシア人のID番号は6桁の数字-2桁の数字-4桁の数字という構成で、全部で12桁の数字になっています。


たとえば、811211-07-5299というID番号の人を例とると、最初の6桁の数字はその人の生年月日を表します。この場合は生年月日が1981年12月11日ということになります。


次の2桁の数字は人種を表しています。人種の分類コードがあるようなのですが、詳細は聞きませんでした。


最後の4桁の数字はその人の固有の番号ですが、末尾の数字が奇数ならば男性、偶数ならば女性を意味しています。


これだけ知っていれば、IC番号を聞いただけで、その人の生年月日が分かり、末尾の数字で男性か女性が分かります。


これである程度は、本人確認の目安になるのではないでしょうか。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。