交通違反取締り

イポー近辺では、頻繁に交通検問が行われており、以下の記事はそれに関するものです。原文は次のURLを参照してください。


http://www.thesundaily.my/news/2017/12/23/ipoh-police-issue-46-summonses-commercial-vehicle-operation


引用はじめ
10月22日の午後3時から午後10時の間、イポー近辺で、道路交通局(JPJ)、国家反薬物局(AADK)も参加して実施された警察による商業車に対する取締りで、46件の違反切符が切られました。この取り締まりは重車両が関連した死亡事故に対する苦情に対応して実施されたということです。


取締りの結果、発見された違反は、免許証不所持、偽の許可証使用、磨耗タイヤ、道路税の期限切れ、加重積載などです。これとは別にAADKは薬物検査でガンジャと覚せい剤の陽性が発見され、25歳から29歳の3人の運転手の身柄が確保され、薬物依存法(治療とリハビリ)1983の3節(1)により取調べが行われます。


警察は同様の取締りを、ときに応じ実施する予定であり、人々に情報提供を呼びかけています。「取り締まりの噂が流れているのを我々は把握し、今回は時間と方法を状況に従い変更した。」と警察は語っています。
引用終わり


警察の取締りでよく遭遇するのはスピード違反の取締りです。事前にスピード違反車両を計測して把握し、その車両番号を前方にいる取締官に連絡し、該当車両を前方で確保するという手法です。空いている道路なのに、みんなゆっくり走っていると思ったら、そういうことだったのかと、納得しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。