空港の態勢

チャイニーズ ニューイヤーに向けた空港の対応が新聞記事に出ていましたので、紹介します。原文は下記URLを参照してください。
http://www.thesundaily.my/news/2018/02/09/40-increase-daily-passenger-movement-klia-klia2-during-cny


引用はじめ
チャイニーズニューイヤーに向け、マレーシア空港ホールディングス(MAHB)は2月14日から18日の、KLIAとKLIA2への空港への毎日の来場者が約40%増加すると見込んでいます。


同社は声明で次のように発表しました。


「空港職員は様々な手段を実行して、この祝賀シーズンに、旅行者が滞りなく楽しい旅行を楽しんでもらうために、様々な当局と緊密に協力して行きます。


我々だけではなく、空港の他の会社からも、地上には更に資源を配置します。


警察と並行して、スムースな車の流れを確保するため、送迎の車は駐車時間を2分に限定した厳格な取締りを実施します。送迎車線にはテープを設置して、不法な駐車を防止し、車の流れをよくしていきます。他の車の迷惑になる見境のない駐車を止めさせるため、空港内にレッカー移動ゾーンが既に導入されました。ピークの期間に、1分間に合計55台の車が、KLIAターミナルを通って行きます。


来週からKLIA2ではセルフ バック ドロップ設備が全面的に使えます。この設備を使えば、チェックイン カウンターでの処理の時間がたった1分になるので、確実に乗客の並ぶ時間を短縮できます。


マレーシア航空では祝賀シーズンの間、74あるカウンターに全て人員を配置すると約束しています。


航空機の出発時間の少なくとも3時間前には空港に到着し、ウエブ チェックインやセルフ チェックイン、セルフ バッゲージ ドロップ カウンター、入管自動ゲートなどの自動化処理を可能な限り使うことをアドバイスします。」
引用終わり


レッカー移動を含む厳しい駐車違反の取締りと、総力態勢、自動処理設備の使用の推奨などでピークシーズンを乗り切ろうとしているという紹介でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。