グラブ運転手殺害の容疑者逮捕

先日このブログで紹介したグラブ タクシー運転手の殺人容疑者が警察に連行された記事を紹介します。記事原文は下記URLを参照してください。http://www.thesundaily.my/news/2018/06/26/police-nab-myanmar-man-woman-over-grab-drivers-murder


引用はじめ


警察は先週土曜日に発生したグラブ運転手殺人容疑で、ミヤンマー人の男女を逮捕しました。


「6月26日の午前1時ごろ、ミヤンマー人の20代の男性と30代の女性を逮捕しました。殺人捜査のため2人は逮捕されたものです。警察は最後の乗客を特定しました。記録によると、運転手はトゥン タン チェン ロック通りで乗客を乗せ、スレイヤン バルに向かっています。


検視の結果、殺された運転手はTシャツを使って絞められ、窒息死したことが分かりました。容疑者から殺人の動機を聞こうとしています。運転手の財布と携帯電話が見つかっていません。」とベルナマの問い合わせに警察は回答しています。


引用終わり


予想したように、犯人の特定は早かったようです。


犯人像も土地勘のあまり無い外国人というプロファイリングも当たりました。ただ、最初の予想では外国人労働者としましたが、彼らが外国人労働者かどうかは現段階では不明です。しかしスレイヤンで降りたということは、彼らのねぐらがそこにある可能性が高く、観光客はそのような場所に泊まる可能性はあまり無いので、やはり外国人労働者の可能性が高いと思われます。


財布がなくなっていることから、金目当ての犯行の可能性が高いと思われます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。