ゴルフ場会員権その2

イポーにはメルバレー(中心部から約10km)とロイヤル プラッ (RPGC)(中心部から約5km)の2ヶ所と、イポー市内から南へ約22km下がったバトゥ ガジャというところにあるクリアウォーター サンクチュアリーの合計3ヶ所のゴルフ場があります。


クリアウォーターについては、ビジター料金が比較的安く、特に会員になる必要もないと思われ、イポーに住む人にとっては前2ヶ所が入会対象のゴルフ場になるのではないでしょうか。


メルについては現在ゴルフ会員権つきの分譲住宅を盛んに建設中であることもあり、ゴルフ場として会員権を単独で大々的に販売する体制にはないように見受けられました。(ゴルフ場の受付の人が会員権を売りたい人の意向を受け、買いたい人に紹介してくれます。)現在の会員からネゴで買い取り交渉する方法が、最安値で会員になれる方法のようです。


メルの名変手数料については公開されていて、保証金500リンギを含めて、総額6,351.2リンギが名変時にかかります。月会費は120リンギだったかと思いますが、メモを取らなかったので、これは確かではありません。(150リンギだったかもしれません。)会員権付きの住宅がこれからどんどん供給されることから、会員権を売りたい人がこれからどんどん出てくることが予想されます。


またメルの場合は会員権付き住宅をレンタルする道もあります。ただ私の場合は半分はマレーシアにいない事態になることが予想されるので、毎月の家賃が高くなるこの方法は不利だと判断しました。空き家にしている期間が発生することから、なるべく固定費を抑えることがイポーに移ってきた理由でもあります。


RPGCについてはキャディーマスター室前に掲示板があり、会員権を売りたい人、買いたい人の名前と連絡先の電話番号が公開されていて、自由に売買が個人でできるようになっています。こちらの名変にかかる手数料等は、この金額も公表されていて保証金500リンギを含め、総額4,770.2リンギです。月会費は90.1リンギです。


会員権本体のマーケット価格は、ここで具体的に金額を公開するのはちょっと憚れるのですが、かなり安いということだけは言えます。


問題はあと何年ゴルフをプレーできるのかということです。プレーができなくなれば、会員権を売却することになりますが、会員権を売却したときには、名返時に払い込んだ代金は保証金を除いて無駄になります。会員権本体についても、地方都市で周辺人口も少ないことから、買いたい人を見つけることが困難で、売却に相当の時間を要し、売却損が発生する可能性もあるかもしれません。


これらの諸要素を勘案しても、ビジターとしてプレーする費用を考えれば、やはり会員になってプレーするほうが断然有利になると結論するに至りました。


会員権を私が譲り受けた人は、やはり外国人でイタリアの人でした。私と殆ど同じころ、約10年前にマレーシアに来て、現在は引退している人でした。


次回はこの人と一緒にラウンドしたときに聞いた話や、その後会員になってから一緒にプレーしたマレーシア人の話などを紹介します。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。